大阪府の引越し業者おすすめ業者比較15選!口コミや評判の情報と、大阪府エリアの料金相場まで網羅して紹介しています!

引越しの際に出る不用品の処分方法の種類!注意するべき点はどこ?

引越しをするときに発生する問題が、不用品の処分ではないでしょうか。引越しの際は家電製品や小物など、さまざまな種類の不用品が出ますが、ジャンルによっては捨てずに売却したほうがお得なものもあります。引越しで出た不用品をどのように処分するのか、どのような種類がよくあるのか、処分する際に気を付ける点などについて紹介しましょう。

引越しの際に出る不用品の処分方法の種類

引越しでは多くの不用品が見つかるものです。計画的に処分していくことで、狭いスペースでも荷造りができたり無駄な処分費用を削減できたりします。

リサイクルショップ

まだ充分に使えるもの、捨てるには抵抗があるものはリサイクルショップに持ち込みましょう。持ち込む際には、落とせる汚れはできるだけ落としておくようにします。家電製品の場合は、リモコンや取扱説明書などの付属品があれば、買取価格が高くなるようです。近くに店舗がある場合は直接持ち込み、品数が多い場合には出張買取サービスを利用してもいいですね。

自治体の回収

回収金額は処分するものの大きさや種類によって異なるものです。インターネットで粗大ごみの収集予約をすれば簡単に処分できます。自治体によって引き取りにかかる費用は異なるため、現在住んでいる地域と転居先が異なる場合は、どちらが安いか比較してから処分しましょう。

オークション・フリマ

まだ使える不用品であれば、オークションやフリマで販売可能です。空いた時間に登録できて出品に対する制限もそれほど厳しくないので、さまざまな不用品を売却できます。梱包や発送などすべての手続きを自分で責任をもって行わなければならないので、余裕を持って対応できる場合にはおすすめです。

引越し業者

業者がオプションで、不用品の回収をしてくれることがあります。引越しのぎりぎりまで使いたいものなどを処分するときに便利です。

不用品回収業者

不用品の回収を専門に行っている業者があります。業者が養生したうえで搬出してくれるため、重い荷物であっても安心して任せられるでしょう。自治体に依頼した場合、日程の融通がなかなかききませんが、不用品回収業者であればこちらから作業日を指定できます。業者によってサービスが異なるので、複数の業者に見積りを取って比較したうえで依頼しましょう。

友人や知人に譲る

友人や知人などで家具や家電を欲しがっている人がいないか聞いてみるのもひとつの方法です。直接持って行ってもらえるのであれば送料もかからず、身近な人に喜んでもらえるのはうれしいですよね。譲渡する前にはクリーニングやアイテムが作動するかの確認などを、必ずしておきましょう。

引っ越しの際によく出る不用品はどんなの?

荷造りのために衣類や雑貨をまとめていると、現在では使っていないものがたくさん出てきます。新居ではもう使わなくなるものには、どのようなものがあるのでしょうか。

衣類・小物

古くなって着なくなった衣類は、燃えるごみとして普通ごみに出せます。まだ着られるものの場合はリサイクルショップに持ち込んだり、フリマやオークションで売ったりするという手も考えられるでしょう。時計や宝石などに関しては、それぞれ専門の買取店に査定してもらうことをおすすめします。できるだけ高く売りたい場合は、複数の業者に査定してもらったうえでもっとも高い金額を出した業者に売却してください。

家電製品・家具

家具は粗大ごみで処分できますが、冷蔵庫やテレビ、洗濯機、エアコンなどはリサイクル家電として扱われるため、粗大ごみとして廃棄することはできません。処分の際にはリサイクル料金を支払う必要があります。新しいものと買い替える場合には、購入した店で古いものを引き取ってもらえることが多いので相談してみましょう。

書籍・CD・DVD

書籍やCD、DVD、ゲームソフトなどは、時間があればリサイクルショップに持ち込んだり、フリマアプリやオークションで販売したりするとよいでしょう。状態がよければ高値で買い取ってもらえるかもしれません。時間がなく廃棄する場合、CDやDVD、ゲームソフトは自治体によって燃えるゴミか不燃ごみか異なるため、確認して廃棄してください。

自転車

転居に伴い自転車を処分する場合には、事前に防犯登録を抹消しておかなければなりません。誰かに譲る場合は、防犯登録を譲渡するなら譲渡証明書を渡し、抹消する場合には手続きを行ってください。

引越しの不用品処分の際に気を付けるべき点

不用品を処分する際はジャンルに合わせた処分法があるため、注意点を守って処分しましょう。

自治体に回収を依頼する場合

基本的に自治体のごみとして捨てられるものは規則で決まっています。回収日や事前予約が必要なものなど細かく決まっているので、地域のルールを確認して指定された日時や方法で処分しましょう。

業者の選別に注意

不用品回収の業者になるには、一般廃棄物処理業許可が必要です。無料回収をうたっている業者の中には、この許可を得ていない業者も少なくないので注意しましょう。トラブルを避けるためにも、信頼できる業者かどうかを確かめてから依頼してください。

 

引越しの際に出る不用品を処分するには、早めに計画を立てることが大切です。処分するものによって適した方法があるので、ある程度不用品が決まったところで自分にとって都合のよい方法を選択します。そのうえでルールを守って処分するようにしましょう。

【大阪府】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧