大阪府の引越し業者おすすめ業者比較15選!口コミや評判の情報と、大阪府エリアの料金相場まで網羅して紹介しています!

引越しに適したタイミングはある?繁忙期もあらかじめ確認しよう!

引越しには、オンシーズンとオフシーズンがあるのをご存知でしょうか。引越しの際、賃貸物件である場合は初期費用や引越し業者への支払い、家具や家電の新調費用など、なにかとお金がかかるものです。タイミングを考えて引越しをすることで、費用を抑えられるでしょう。この記事では、引越しの繁忙期や適したタイミングについて紹介します。

引越しの繁忙期はいつ?

引越しの繁忙期は1~4月です。進学や就職、転勤など、春から新生活に向けて拠点を移すために物件を探す人が増えます。引越しをする人が多いということは、退去する人も必然的に多くなるのです。

3月末に退去予定の人は、ほとんどの場合1~2か月前までに退去予告をしているため、1月は物件数が多く、たくさんの選択肢の中から物件を選べます。3月に入ってしまうと、契約済みの人が多くなるため空き物件は減る傾向にあるのです。

また9月も一般企業では中間決算期にあたり、人事異動などで転勤者が増えるため繁忙期になります。引越し業者も繁忙期に備えて、普段よりもスタッフや車を多く準備していますが、それでも作業できる件数には限界があるのです。

繁忙期には引越しの料金も通常よりも高めに設定されているだけではなく、早めに予約しておかないと希望する日時に予約できない場合があります。時間指定をすると割増料金を請求されることも多いようです。

また物件探しに関しても、繁忙期には内見に行ったその場で決断しましょう。よい物件はすぐにほかの人が決めてしまうことが多いので、何件かを見て比較したうえで契約することが難しくなりがちです。引越しの時期を自由に選べるのであれば、できるだけ繁忙期は避けるようにしましょう。

引越しに適したタイミング

条件別に引越しにおすすめのタイミングを解説しましょう。

繁忙期を避けたい

9~10月は人事異動のある企業が多く、転居する人が増える傾向にあるため、第2の繁忙期といわれています。一番の繁忙期である1~4月についで物件が多い時期であり、この時期は6月についで結婚式が多い時期のようです。そのため、単身だけではなく家族や夫婦で引越しを考える人が多いでしょう。春先よりは物件探しの競争率が低くなるため、余裕をもって探せます

また、空き家のまま年を越してしまうリスクを取りたくない不動産業者と、家賃交渉がしやすい時期でもあるのです。ただし、第2の繁忙期といわれる時期のため、引越し費用は割高になる可能性もあることを忘れずに計画しましょう。

費用の安さを重視したい

できるだけ引越しに関わる費用を抑えたい場合には、7~8月にかけての夏季がおすすめです。暑い中の引越し作業を避ける人は多いため、オフシーズンとされています。空いている物件は少ない時期ですが、部屋探しをする人も少なくなるようです。そのため、競争力は最も低くなることから、ゆっくりと納得がいくまで、たくさん物件を見た中から決められます。

また、この時期は引越し料金が安くなり、物件自体の値引き交渉や入居後一定期間の家賃が無料になるフリーレントの交渉もしやすくなるでしょう。繁忙期と比較した場合に、設定されている家賃が安い物件もあるため、費用の安さを重視する人にはおすすめの時期です。

引越し時期を変更できない場合の費用を抑える工夫

急な転勤などで引越し時期を選べない人でも、なるべく安くできるコツはあります。

曜日の選択

土日やその前日である金曜は引越しの需要が高く、その分料金も高く設定されています。平日の月~木曜日であれば、料金が抑えられるだけでなく、予約を取りやすいというメリットもあるのです。

時間帯の選択

一般的に午前中のうちに引越しを済ませて、午後からは開梱作業や片付けなどに充てたいという人が多いため、午後から夕方の時間帯に引越しを依頼すると予約を取りやすいようです。

複数の見積りを取る

業者は1社だけで決めるのではなく、複数の業者から見積りを取って決めましょう。見積り金額だけではなく、どのようなサービスが含まれているのか内容をきちんと確認することが大切です。梱包資材などが含まれておらず、後から出費が発生することもあるので注意しましょう。複数社に見積り依頼をするのは手間がかかりますが、web上で一括見積り請求をすることも可能です。

物件の選択

物件を選ぶ際にフリーレントや敷金礼金が不要な物件を選ぶことで初期費用が抑えられ、その分を引越し費用にあてられます。

不用品を捨てる

業者に見積もりを依頼する前に、不用品はなるべく処分しておくようにしましょう。荷物が多ければ多いほど、運搬費用が高くなってしまいます。引越しは断捨離のチャンスと考えて、すっきりとした状態で引越ししましょう。

自分でできることはやる

荷造りや梱包をできるだけ自分で行えば、かなり費用は抑えられます。壊れ物や電子機器などの梱包に不慣れな場合は事前に業者に方法を聞いたり、インターネットで調べたりしましょう。

 

繁忙期をあらかじめ知っておくことで、引越し作業や物件にかかる費用がかなり変わることがおわかりいただけたでしょうか。自分でタイミングを決められない状況にある場合でも、少しの工夫で費用を抑えられるため、参考にしてみてください。

【大阪府】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧