大阪府の引越し業者おすすめ業者比較15選!口コミや評判の情報と、大阪府エリアの料金相場まで網羅して紹介しています!

引っ越しで住民票を異動させなかったらどうなる?異動手続きの方法

住民票は、自分の居所を証明する重要な役割があります。そのため、引っ越しをした際は、住民票異動をするようにしましょう。この記事では、住民票を異動する際の注意点やポイントを解説します。住民票異動手続きの方法まで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

住民票を移さないとどうなる?

住民票を14日以内に異動させないと、住民基本台帳法により、数千円から5万円以下の罰金が科せられてしまいます。しかし、転勤や単身赴任、一時的な引っ越しの場合は罰金の対象外です。

そのほか住民票を異動させないと、引っ越しした先の市区村町の公共施設が利用できない場合や運転免許の更新場所が旧住所になってしまいます。住民票は自分の居所の証明でもあるため、引っ越しをした際は、必ず異動するようにしましょう。

住民票を移すときのポイント

住民票の異動はポイントを知っておくことで、効率よく手続きを進められます。引っ越しをすると多くの手続きが必要になるので、効率のよい手続き方法を知っておくことが大切です。どのようにすれば、住民票の手続きを効率よく進められるのか、ポイントを紹介します。

■役所でできる手続きをまとめて行う

引っ越しをすると、通知カードの住所変更や印鑑登録など、さまざまな手続きをする必要があります。住民票を異動させる際は、ほかの手続きと同じタイミングで行うと効率的です。

住民票の異動を忘れてしまうと、確定申告の負担も大きくなってしまいます。住民票の異動を忘れないためにも、ほかの手続きと一緒にまとめて行うことを心掛けましょう。

■新しい住民票の写しを複数発行しておく

引っ越しをすると、銀行口座や自動車免許など、住所変更を行う機会が増えていきます。そのため、住民票を発行する際は、複数部用意しておくことが大切です。複数部発行しておくこと、住所変更の手続きをする度に役所に行く手間を省けます。

発行する際は、必要な情報のみ記載されている住民票を用意しなければいけません。なぜなら、マイナンバーが記載されている住民票は、受け取ってもらえない可能性があるからです。

また、住民基本台帳カードやマイナンバーカードは、コンビニのマルチコピー機を利用すると、自治体が発行する証明書が取得できます。印鑑登録証明書や住民票などの書類が対象となっているため、必要な書類を揃えるためにも用意しておきましょう。

住民票を移すときの注意点

引っ越して住所が変わると、住民票異動をする必要があります。しかし、住民票異動をすると戸籍謄本や妙本が取れなくなります。

そのほか、勤務先に伝えることを忘れてしまうと、トラブルになる恐れがあるでしょう。では一体どのようなことに気をつければよいのか、住民票異動をする際の注意点を紹介します。

■戸籍謄本や妙本が受け取れない

戸籍謄本や妙本は、本籍を登録している住所の役場でしか取得できない書類です。住民票異動をした後では、戸籍謄本や妙本と一緒に取得することはできません。

万が一、戸籍謄本や妙本が必要になった場合は、本籍地に住んでいる家族に取得をお願いする必要があります。そのほか、申請をすると、引っ越し先に書類を郵送してくれる自治体も存在します。住民異動をする際は、どうすれば戸籍謄本や妙本が取得できるのか、事前に調べておくようにしましょう。

■勤務先に伝える

会社に勤務している場合は、引っ越しをして住所が変更したことを伝える必要があります。なぜなら、会社で加入されている健康保険や国民年金などは、住所変更する必要があるからです。

また引っ越しをすると最寄り駅も変わることから、交通費の金額も変更します。報告が遅れてしまうとトラブルが発生することも考えられるため、必ず伝えるようにしましょう。

住民票異動手続きの方法

住民票異動を行う場合は、区役所や市町村役場に転出届を提出しないといけません。転出届を提出すると、転出証明書が発行されます。

転出証明書が発行された場合は、新しい居住地の区役所や市町村役場に、引っ越してから14日以内に転入届を提出してください。転入届を提出する際、転出証明書を添付すると、住民票が新しく作成されます。

一つ注意しないといけないことは、転入届は、引っ越すまでに届け出を提出する必要があることです。万が一転入届を出し忘れていた場合は、郵送で対応してもらうことが可能です。また、転出先と転入先が同じ市役所の場合は、転居先届を提出するだけで問題ないので覚えておきましょう。

 

住民票は、14日以内に異動をしないと罰金が科せられてしまいます。また、引っ越し先の公共施設が利用できないこともあるため、必ず住民票異動手続きは行いましょう。

住民票異動の手続きをする際は、引っ越すまでに転入届を出す必要があります。万が一忘れてしまうと郵送で対応してもらう必要があるので、注意が必要です。住民票異動をした際は、行政サービスの手続きだけではなく、勤務先に伝えることも忘れないようにしましょう。

【大阪府】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧