大阪府の引越し業者おすすめ業者比較15選!口コミや評判の情報と、大阪府エリアの料金相場まで網羅して紹介しています!

引越し用段ボールって無料でもらえるの?もらう時の注意点とは


引越しのときに必ず必要になるのが荷物を詰める「段ボール」。ただでさえお金がかかる引越しのとき、段ボールくらいは無料で用意したいと思う方も多いでしょう。ここではそんな方のために、引越し用段ボールを無料で手に入れられる場所や方法を解説します。これから引越しを控えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

街中で引越し用の段ボールをもらえる場所

普段あまり目につかないかもしれませんが、段ボールを手に入れられる場所は実は街中にたくさんあります。一体どこで手に入るのか、詳しく見ていきましょう。

ドラッグストア

日用品などを扱うドラッグストアは、さまざまなサイズの段ボールがあります。生鮮食品の取り扱いがないところが多いので、綺麗な状態の段ボールが多いのもポイントです。

そんなドラッグストアにある段ボールの中でもおすすめは、スナック菓子やドッグフードなど、運搬中の衝撃で破損する可能性の高いものが入っていた段ボールです。破損する可能性の高いものが入っていた段ボールは、他の荷物につぶされないように、それなりの強度で作られています。そのため、引越し荷物を詰めるのに最適です。

家電量販店

大きいサイズの段ボールが欲しいという方は、家電量販店で手に入れるのもおすすめです。洗濯機や冷蔵庫などの大型家電も、納品されるときは段ボールに入れられています。そのため大きいサイズの段ボールが揃っているのです。家電量販店は小型家電も扱っているため、小さいサイズの段ボールもあります。家電が入っていた段ボールなので、強度も高いのが特徴です。

スーパー

スーパーのレジの横にある段ボールは、レジ袋の代わりに、購入した商品を入れるために使っていいとされていることが多いです。その中から好きなものを選び、自由に持っていくことができます。段ボールを手に入れられる場所の中でも、一番気軽にもらえるかもしれません。

コンビニ

実はコンビニでも段ボールが手に入ります。コンビニは24時間営業なので、何時でも段ボールをもらいに行くことが可能です。たとえば引越し前日の夜に段ボールが足りないというときも、コンビニに行けば段ボールを手に入れられます。ただし、ドラッグストアやスーパー、家電量販店に比べ、小さめの段ボールが多いでしょう。

無料配布している引越し業者に頼む

段ボールは、引越し業者からももらえます。無制限でもらえるというわけではなく、50枚までは無料というところが多いでしょう。引越し業者の段ボールのため、強度は抜群です。

段ボールの他にも、ハンガーケース、布団袋、和装用ケースなどの梱包資材を、お客様の引越し荷物に合わせて配布してくれる引越し業者もあります。見積もりの際にどのくらいの荷物の量か見て、適切な梱包資材を用意してくれるでしょう。

それよりも多くの段ボールや梱包資材を追加で引越し業者に依頼すると、有料になります。そのため、無料で配布される段ボールや梱包資材で足りなくなってしまったら、街中の段ボールが手に入る場所でもらってくるという方法がおすすめです。

段ボールをもらうときに注意すること

引越し用の段ボールを無料で手に入れるときに注意すべき点を見ていきましょう。

お店によってはもらえないところもある

段ボールを置いているお店でも、お店によってはお客さんに渡せないというところがあります。その理由として、会社で段ボールの譲渡NGという決まりがあったり、配送で再利用したりするというところが多いです。

そもそも資源ごみの回収日で段ボールを出したばかりというときは、お客さんに渡せる段ボールが余っていないこともあるでしょう。普段行っているスーパーなど、無料で手に入ることがわかっている場所は除いて、段ボールをもらう目的でお店に行くときは、事前に問い合わせて段ボールを譲ってもらえるかどうか聞いてみましょう。

段ボールの大きさをなるべく揃える

引越し業者にもらった段ボールと、街中でもらった段ボールとでは大きさが違います。しかし、あまりにも段ボールの大きさが違うと、運搬中にずれてしまい、落下の原因にもなります。引越し業者もその辺は考えて積載してくれますが、積載する順番を決めるのにも時間を要してしまいます。そのため、街中で段ボール手に入れるときは、なるべく大きさを揃えるようにしましょう。

綺麗な状態の段ボールを選ぶ

街中で手に入れられる段ボールは、さまざまな状態のものがあります。引越しでは大切な荷物を入れることに使う段ボールなので、街中で手に入れるときはなるべく綺麗な状態の段ボールを選んでください。とくに段ボールの状態に注意しなければならないのが、スーパーです。スーパーは生鮮食品を取り扱っているため、段ボールによっては汚れていたり、虫がいたりする可能性があります。

また入口の外や屋上などにある段ボールは、雨で濡れて強度が落ちている可能性が高いです。そして意外と気にしなければならないのが、ドラッグストアの段ボールです。

その中でも柔軟剤や芳香剤など、強い匂いのものが入れられていた段ボールは、まだ商品の匂いが残っていることがあります。そこに荷物を詰めると、その匂いが荷物に移ってしまう可能性があるのです。お店で段ボールを手に入れるときは、どんなものが入れられていた段ボールなのかチェックするようにしましょう。

 

引越し用の段ボールを無料でもらえる場所と方法を紹介しました。引越し業者から配布される段ボールに加えて、街中で段ボールをもらうことで、段ボールにかかるコストを抑えて引越しの準備を進められます。引越し業者にもらった段ボールだけでは足りないという方は、ぜひ街中で段ボールを探してみてください。

【大阪府】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧